生い立ち・こだわり

ロゴ

“懐かしい”けれど、“新しい”

株式会社つきじちとせを受け継ぎ、シュクレイが商品企画・販売の会社として発足した記念すべき第一弾ブランドが「東京ミルクチーズ工場」です。2011年6月リリース。2011年は東日本大震災の年であり、開発チームとしても「人のぬくもり」「絆」というあたたかみを、お菓子を通して届けることを意識しました。コンセプトは「ちょっと懐かしくて心温まる、みんな大好きミルクとチーズのファクトリー」。
どちらも乳製品である「ミルク×チーズ」という発想は、業界の先入観を払拭したからこそ。 “懐かしい”けれど、“新しい”。そんな印象を大切にしました。商品のパッケージにもなっているロゴ・デザインの“牛”や“ホルン”もすべて手描きでのデザインにこだわっています。

生い立ち・こだわり

厳選された斬新な素材の組み合わせを楽しむ

厳選した北海道産の牛乳や黄身の白い卵、良質なチーズなどを使用して、焼き色がつかないように「白」にこだわった商品づくりをしています。また、「ソルト×カマンベール」「ハチミツ×ゴルゴンゾーラ」「ポルチーニ×ゴーダ」など素材の組み合わせにもこだわりが。「ハチミツ×ゴルゴンゾーラ」「ポルチーニ×ゴーダ」というのはレストランのお料理で口にすることはありますがスイーツではあまり経験がないのではないでしょうか。特に「ゴルゴンゾーラ」は好き嫌いがはっきりしています。でも敢えて、クセの強い素材を使い、チーズ好きな方に食べていただきたい。それが私たちシュクレイの「ニューコンセプトメーカー」としての発想です。開発は常に行われており日々進化しています。

INTERVIEW

会議の翌日にはアメリカにいました。

「販売研修」を終えて。
「体験」の重さは決して妥協を生みません

生産部 浜松工場 サブリーダー
柴田 真澄

シュクレイとフランセが合併して、「製販一体メーカー」シュクレイが誕生しました。そこで今、社内で「製販一体」への取り組みが行われています。そのひとつが生産スタッフの「販売研修」です。私はその第一号として、販売の現場を体験することができました。
 
この取り組みは合併後、私が上司との面談の機会にお願いをしたのがきっかけです。「店舗に入って自分たちの作ったお菓子をこの目で確かめたいです。“売れている”とは聞いていても、“どのように売れているのか”。それを販売の現場に入って体験したいんです」とお願いしました。
 
「製販一体」。その考え方に一番大切なのは、「生産」の現場ではわからない「販売」を体験として得ることだと考えたんです。
 
場所は羽田空港の東京ミルクチーズ工場。場所柄、外国人のお客様も多くて、初日、2日目くらいはやはりすごく緊張しましたね。でも外国人のお客様は陽気な方が多く、こちらが片言の外国語で話しかけても寄ってきて下さるんです。勇気を出して「ハローウェルカム!」って言うと振り向いて下さる。
 
あるアメリカ人の3名グループのお客様は、試食をお出ししたら「美味しい!」って踊り出してしまって…。お一人5箱購入下さり、また戻って来られて、さらに5箱購入して下さいました。言葉がわからない時には販売の方々がサポートして下さり、少しずつ体が慣れていきました。
 
正直「売れている」とは聞いていましたが、想像以上でしたね。1日の売上が最低でも60万円とか。現場では常に100万円超えを目指そう!と声を掛けあっていました。100万円超えといったら新店のオープン日の売上数字と聞いています。毎日そのくらいの忙しさでしたね。
 
試食を出していても、すごい勢いで試食はなくなる。「これは予定数以上を作らないと足りなくなる」と思いました。「販売研修」の前は「本当に足りないのか?」「あれだけやっても足りないのか?」と思ったものですが、「これだけのスピードで出ていくのか」という事実を目の当たりにして変わったんです。それから工場に戻ってからは、最低限「目標値」まで、できれば「目標値をオーバーするまで」やろうと思って取り組んでいます。
 
そして「販売研修」での一番の私にとっての収穫は「超試食販売」を体験できたことです。「試食」の大切さがよくわかりました。実際に自分が試食出しをしてみえてきた課題を持ち帰り、改良を加えています。
 
今でも販売研修でお世話になったマネジャーさんとは個人的にメールでやり取りさせていただいていて、「何かあったら、いつでも言って下さい。変えます」と言っています。そういうことが「製販一体」っていうことなんじゃないかと思うんです。そういう風に思えるようになったのも“百聞は一見に如かず”、販売を“体験”したからです。だから、何名かの社員には「販売研修に行ってみないか」と声を掛けています。私だけではなく、“体験”をした人が増えれば共有もしやすくなる。より多くの人が販売を“体験”することが重要だと思うんです。何よりも“体験”の重さは決して妥協を生みませんから。

OTHER PRODUCTS 他の商品も見る