生い立ち・こだわり

「家族・絆」。古き良き時代のアメリカの家族を描くことでテーマを具現化

「家族・絆」。古き良き時代のアメリカの家族を描くことでテーマを具現化

2012年6月にリリースされた「ザ・メープルマニア」。テーマは「家族・絆」。古き良き時代のアメリカの家族を描くことでテーマを具現化しました。主人公として描かれるキャラクターの男の子“メープル坊や”は実在の男の子。メープル坊やは小瓶のウィスキーを飲むお父さんに憧れてメープルシロップでお父さんのマネをします。キッチンの戸棚からこっそりポケットに忍ばせたメープルシロップを裏庭の木に登ってペロリ。なんとも微笑ましい光景ですね。「ザ・メープルマニア」はひとつひとつにそんな遊び心と子供のころの冒険心やいたずら心、懐かしさが込められています。パッケージには愛犬のブルドックも登場。パッケージごとに違ったシーンが描かれブランドの世界観を伝えています。

メープル・ダンス”と“PV”でブランドへの親しみを感じていただく

“メープル・ダンス”と“PV”でブランドへの親しみを感じていただく

イベント企画で「1日子供店長」を一般公募。その際、「ダンスがあるといい」という意見が持ち上がり“メープル・ダンス”を振付師に依頼。もちろん楽曲もオリジナル曲を制作しました。よりブランドへの親しみを感じていただくために、さらに“メープル・ダンス”が見られる“PV”(プロモーションビデオ)も制作。「笑顔の魔法をかけたい…」、皆を笑顔にする魔法のようなお菓子。主人公の男の子は森の中に住む女の子にお菓子を届けに行きます。撮影ロケ地は、東京駅および東京近郊の森の中。クライマックスの女の子にお菓子を食べさせてもらうシーンは夕日を待って撮影。ラストシーンの“メープル・ダンス”の撮影は夜にまで及びました。皆を笑顔にする魔法のムービーはこちらから。

INTERVIEW

美味しいものをつくって誰かに喜んでもらいたい。だから、一つひとつの商品にお客様がパッケージを開けたところを想像します

美味しいものをつくって誰かに喜んでもらいたい。
だから、一つひとつの商品に
お客様がパッケージを開けたところを想像します

生産部 浜松工場 ラングドシャライン
市原 彩(2016年中途入社)

浜松工場のラングドシャラインを担当しています。仕込みから生地を流して、焼き上がったクッキーでチョコレートを挟む。おおまかに言うとそんな工程です。
 
もともと私は調理師をやっていて、3年目でこの仕事に転職しました。つくることが好き。美味しいものをつくって誰かに喜んでもらいたい。そこにモチベーションがあります。それで今度はお菓子をやってみようと思って、2016年の10月にここに来ました。
 
当時はまだシュクレイとの合併前でフランセだったんですけど、「ミルフィユ」や「レモンケーキ」が有名で私も友人にもらったことがありました。いま私たちがつくっている「ザ・メープルマニア」もメディアにも取り上げられるくらい人気のお菓子で、多くの人に食べていただいているお菓子です。喜んで下さる方がたくさんいることに私自身も喜びを感じますし、誇りを持って仕事に取り組んでいます。
 
生産ラインというのは一見ルーチンワークにみえるかもしれないのですが、実はそうではないんです。その日の天候、時間によっても温度や湿度は変わりますし、温度や湿度が変われば生地の調整も必要になる。毎日、美味しいクッキーをつくるには経験がものを言います。だから、「できるようになったな」と思えれば、それだけ成長したという実感もあります。やはり結果が目に見えてわかるのでシビアといえばシビアなんですが、それだけ手応えのある仕事だということですよね。
 
「ザ・メープルマニア」も最初はチョコレートが溶けにくかったり、色々と試行錯誤がありました。いまは順調に工程をまわせていて、歩留まりも高い数値を保っています。特にラングドシャの場合、サンドした形状をきれいに仕上げなければ、お客様の期待を裏切ってしまう。一つひとつの商品にお客様がパッケージを開けたところを想像してみてしまいますね。
 
お料理をつくって目の前で美味しいって食べてもらえる幸せもありますが、県外の友人とかに「メープルマニア知ってるよ。すごく美味しいお菓子だよね」って言われる時もお料理と同じくらい幸せです。やっぱり、ブランドを「育ててゆく」という時間軸の長いやりがいがそこにはあるように思います。
 
この採用サイトをみて若い人がいっぱい入ってきてくれたら嬉しいですね。この会社はグループ会社の工場を見学できたり、パーティなどのイベントで人と人とのつながりもできたり、色々な世界がみられて視野の広がる会社です。想いがある人が集まっているので、頑張ったら、ちゃんと評価もしてもらえる。私にとってはとてもいやすい会社ですね。自分ももっともっと成長したいですし、新しい仲間が入ってくれば、今度は育てることにも注力したい。そう思っています。

OTHER PRODUCTS 他の商品も見る